ライフの値引き相場と下取り価格を調べる方法


車両本体価格に各種諸費用・諸経費を加算して総支払額が算出されます。車両本体価格の値引き幅だけを見ても実際に安いかどうかの判断をする事は出来ません。新車を安く買うためには総支払額の見積を取り、総額が安くなるように交渉するべきでしょう。 ホンダディーラーへ行って担当者と交渉を開始する前に、是非このページで基本知識を身につけて実際の交渉の時にお役立てください。

自動車ガイド - ホンダ車

新車値引き相場

ライフの値引き幅は住んでいるエリアや時期によって違います。ご自身の住んでいるエリアの今の金額を知ってこそ意味があるでしょう。

本当のライフの値引き幅は見積書の総支払額を見なければわかりません。

ライフの総支払額は車両本体価格に様々な諸費用・諸経費・オプション代金などを加算して算出されます。車両本体価格の値引き幅だけを見ても実際に安いのかどうかの判断は出来ません。 新車を安く買うためには総支払額の見積を取り、その総額が安くなるように交渉してみませんか。総支払額は購入エリアや時期、その他の条件によって違ってきます。

実際のライフの値引き幅を知る一番の方法は近くのディーラーで見積を取って総支払額を知ることです。ネットを利用すれば簡単に見積が取れますのでディーラーに行く前にまずはネットで見積を取ってみることをオススメします。 また現在乗っている愛車の査定価格を少しでも高くすることも重要です。
新しい車を安く買えたとしても現在乗っている車の買取価格まで安くなっていたのでは意味がありません。 新車の値引き交渉と愛車の査定価格、双方とも非常に重要です。
ネットを利用して愛車の査定価格を知っておけばディーラーの担当者と交渉する際に役立つことはもちろん、 買い取り専門店の方が高く買ってくれるようであればそちらで売ってしまえばいいのです。

自動車は非常に高額な買い物ですので、あせらずに「新車を買う」ときも「愛車を売る」ときも複数の見積を取るように心がけましょう。

新車購入の基礎知識

新車に求めるニーズ
まずは新車に求めるニーズを明確にしておきましょう。
現在自動車を持っていて買換えを考えている場合は、今の車の不満箇所をリストアップし、新車に求める要素を整理しておきましょう。
デザインなど外観ばかり気にしていると乗り心地や取り回し性、居住空間などで不便な場合があります。
初めて自動車を買う場合も自分のニーズをしっかり整理しておくと良いでしょう。

新車選びの判断基準
明確な判断基準を持たずに新車を購入すると低い満足度になりやすいでしょう。
人によって判断基準は様々ですが、価格や安全性、スタイリング・居住性など自分が車に何を求めているのか明確にして整理しておくと良いでしょう。

ディーラー
新車を購入するとき、ネットで購入するにせよ販売店まで行くにせよ、ディーラーの担当者とのコミュニケーションは非常に重要です。商談をスムーズに進めて、かつ購入後のアフターサービスでも気持ちよく付き合っていくためには「良い客」になることも必要です。
客だからといって傲慢で、高圧的な態度を取っていては担当者もやる気をなくしてしまいます。紳士的にマナーを守って担当者と接することであなたの要望に応えようと頑張ってくれるでしょう。

スグには買わない
新車購入時はワクワクしていますので、実車を見るとスグにでもサインしたくなる場合もあるでしょう。しかし見積をもらったらまずは店を出て一呼吸!冷静にじっくり検討することで店頭では気づかなかった問題点を発見するかもしれません。新車は高価ですし何年間も使うものです。後悔しないために慎重に検討しましょう。

競合車

競合車を探す
最近は多くのディーラーで「ワンプライス販売」という販売方法を取っています。このワンプライス販売とはどのお客に対しても同じ価格で販売する方法です。が、まだまだユーザーとの交渉で値引を行っている場合が多いのが現状です。

新車を安く買うために値引してもらう材料として、自分が買いたいと思っている第一候補の車と競合する他車をみつけ、両者の見積を取ることで大きな値引を引き出せる場合があります。
この時の競合車とは互いがライバル車として認識している新車になります。

自分が買いたいと思っている本命の新車とは別に、第二希望・第三希望の車を見つけ、見積を取って支払い総額を比べましょう。

競合車を探すコツは、似たタイプの車であるほどよく、ボディタイプや排気量、価格などから探します。
競合車と思われるものは一通り見積を取っておくと良いでしょう。

同じ車も競合車になる?
競合車は必ずしも他のメーカーの車である必要はなく、同じメーカー・同じ車種・同じ車でもディーラーによって支払い総額が違う場合があります。
欲しい車が決まっていてもいくつかのディーラーで見積を取ることで安く買える場合があります。

例えば、まずは他メーカーの競合車を探して見積をとり、本命の車の見積時の交渉材料にして、見積金額が下がったところで今度は同じ販売系列の別のディーラーで見積をとってみましょう。
同じ車の見積でも、ディーラーや販売担当者によって支払い総額に差が出る場合があります。
ローンの金利なんかもディーラーによって違う場合がありますので少しでも安く新車を手に入れるためには労を惜しまず、同じ車でも複数のディーラーで見積を取ることをおすすめします。